四季折々・・・

普段の生活から趣味の事まで様々な事について役に立つ情報を発信していくブログです

自動車・バイク

グロムのスプロケットカバー交換 お手軽にドレスアップ!!

投稿日:


今回はグロム(EBJ-JC61)のスプロケットカバーの交換をしてみました。

車体の左側に「赤色」が欲しかったので、「何か良いのないかな~」と探していたところ、スプロケットカバーに目を付けてみた次第です。

作業自体はとても簡単で、初心者さんでも5分もあれば交換できるのですが、「購入する前に、実際に取り付けたらどんな感じになるか知りたい」という方は是非参考にしていってください。

スポンサーリンク

使用する工具は2つ!

スプロケットカバーを交換する為に今回使用した工具はたったの2つです。

・8mmのボックスドライバー

・5mmの六角レンチ

ボックスドライバーの変わりにラチェットを使っても大丈夫ですが、100均で売っているようなモノは止めておいた方がいいかもしれません。

試しに使ってみたのですが、ボルトを外す時に一発で壊れました(T▽T)

六角レンチの方は安いやつでも大丈夫ですよ。

スプロケットカバーの取り外し

では早速スプロケットカバーの取り外していきたいと思います。

スプロケットカバーは8mmの六角ボルト2本で留まっているだけですので、取り外しは非常に簡単です。
スプロケットカバー
配線が1箇所クリップで留められていますが、もうカバーはパカパカになっていますので、裏から指で摘めばすぐに取れますよ。

カバーを取り外すとこんな感じになってますが、チェーンの交換もここからアクセスしてあげれば大丈夫ですよ。

ちなみにカバーの裏側はこんな感じです。

スポンサーリンク

新しいスプロケットカバーの取り付け

それでは新しいスプロケットカバーを取り付けていきますが、今回、購入したスプロケットカバーはポッシュフェイスのアルミマシンドスプロケットカバー(ブラック/レッド)です。

もともとは税別7800円なのですが、セールで30%オフで購入できたのでラッキーでした(*´∀`*)
アルミマシンドスプロケットカバー
(写真を撮っている姿が写りこんでしまってゴメンナサイ(´Д`;))

部品構成は以下の通りです。

・スプロケットカバー 1セット

・アルミカラー(T15) 2本

・キャップボルト(M6×30) 2本

取り付けはアルミカラーを挟んで、5mmの六角レンチでボルトを締めてあげるだけです。

一応規定トルクを書いておきますと、9.8N・m(1.0kgf・m)になります。

新しいスプロケットカバーには配線を留める所がないので、とりあえず配線はそのままにしておこうと思います。

完成後はこんな感じになりました。

まとめ

個人的には渋い感じでドレスアップできて満足してます。

グロムは簡単に交換できるパーツが豊富にあるので、色々楽しめますよね。

さ~てと、次は何を交換しようかな~!

スポンサーリンク

-自動車・バイク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ビーコム sb4x lite2台とsena smh10のペアリング方法

バイクでのツーリングを劇的に変えてくれるインカム。走りながら音楽を聴けるのも良いですが、最大の魅力は何といっても仲間と会話しながらツーリングできる事ですよね。 スポンサーリンク このインカムですが、皆 …

ダイハツタントのブレーキランプ交換方法。初心者でも簡単にできる!

ここでは平成23年式ダイハツタントXのブレーキランプ交換方法を説明していきたいと思います。 スポンサーリンク   ブレーキランプが点かないまま走ってしまうと、整備不良で捕まってしまい1点減点 …

秩父へバイク弁当を食べにツーリングへ行ってきました!!

バイク乗りが”それ”を求めてこぞって集まるという大滝食堂へ、ツーリングを兼ねて行ってきました。 秩父市大滝の国道140号線沿いに佇むその食堂は、まさにバイク乗りの聖地! 最初は …

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。