四季折々・・・

普段の生活から趣味の事まで様々な事について役に立つ情報を発信していくブログです

手紙・はがき

年賀状の書き損じはどうしたらいい?交換できる期限や料金は?

投稿日:


年賀状の作成をしていてついついやってしまうのが書き損じや印刷ミス。

使えなくなった年賀状、あなたはどうしていますか?

勿体無いとは思いつつも、他に使い道も見当たらないからといって、ひょっとしてそのまま捨ててしまったりしていませんか?

それは確かに勿体無いです。

ここでは、そんな書き損じた年賀状の使い道についてお話していきたいと思いますので、良かったら参考にしていってくださいね。

スポンサーリンク

年賀状の書き損じはどうしたらいい?

年賀状の書き損じというのは案外出てしまうもので、私も手書きで年賀状を書いている時はよく出してしまいます。

一度、下書きをしてから書けば問題ないのかもしれませんが、どうも面倒でぶっつけ本番で書いてしまうので・・・(^^;

もしくは自分のプリンターで印刷している方は、逆さまに印刷してしまった、なんていうミスもあるかもしれません。

そんな使えなくなった年賀状、以前は私も泣く泣く捨ててしまっていたのですが、それではお金をドブに捨てているのと同じようなものです。

この書き損じた年賀状、実は郵便局の窓口(簡易局を除く)に持って行くと、切手やはがきに交換してもらう事が出来ます(現金に換える事は出来ません)

例えば、5枚の書き損じの年賀状の場合、2018年までは普通年賀の1枚の値段は52円ですので、260円分の切手やはがきと交換することが出来ます。

2019年からは普通年賀の値段が1枚62円に値上がりしますので、5枚の場合おそらく310円分交換できるようになると思います。

ただし、以下のような年賀状は交換できない場合があるので注意しましょう。

 

・あまりにも汚れてしまっている

・き損が激しいもの

・料額印面(はがきの左上の部分)が汚れてしまっている

・使用済みのもの(宛名間違いなどで戻ってきてしまったものはNGです)

 

これら以外の年賀状であれば、交換してくれますので、捨ててしまうくらいだったら切手やはがきと交換してもらってはいかがでしょうか。

ちなみ余ってしまった年賀状も交換する事が出来ます。

郵便局で交換してもらう以外の使い道は?

わざわざ郵便局まで持って行きたくないという方は、年賀状を普通のはがきとして使うという方法もあります。

スポンサーリンク

年賀状を普通のはがきとして使う場合、今までは10円分の切手をはる必要がありましたが、2019年からは年賀状も普通はがきと同じ62円になりますので、おそらくですがそのまま使うことができるようになると思います。

捨ててしまうぐらいだったら、ダメもとで懸賞などに応募してみてはいかがでしょうか。当たればラッキーですよね^ ^

年賀状の書き損じを交換できる期限は?

書き損じた年賀状を交換してもらう際に期限などは設けられているのでしょうか?

それは、交換してもらうものによります。

切手や普通はがきに交換してもらう場合は、特に期限はありませんのでいつでも大丈夫です。

という事は、過去に書き損じた年賀状などがあればそれも交換対象になるという事ですね。

気をつけなければいけないのが、年賀状を年賀状に交換してもらう場合です。

新しい年賀状に交換したい場合は、その年の販売期間内で売られている同年度の年賀状のみになります(例えば去年の年賀状を今年の年賀状に交換するというのは無理ということになります)

そして、販売期間が終わってしまうと交換できなくなってしまうので注意しましょう。

このように、年賀状から年賀状に交換してもらう場合は期限がありますが、切手やはがきに交換したい場合はそんなに焦る必要はありません。

年賀状のお年玉抽選を確認してからでも大丈夫ですし、余ってしまった年賀状でしたら来年の年賀状の試し刷り用に保管しておいて、使い終わったら交換しても構いません。

年賀状の書き損じを交換する時の料金は?

年賀状を切手やはがきに交換する場合、残念ながらまるっきりタダで交換できる訳ではありません

1枚あたり5円の手数料がかかります(例外として、誤購入してしまいその局に売っている違う年賀状に交換したい場合(未記載に限る)や、身内の不幸で年賀状が出せなくなった時は年賀状の販売期間内であれば手数料無料です)

例えば、5枚の書き損じ年賀状を交換する場合は25円の手数料がかかります。

もしくは、差額分を払う事で違う種類の年賀状に交換する事も出来ます。

もし、お持ちの年賀状が普通紙だとして、インクジェット写真用の年賀状に交換したい場合、2019年以降の値段で換算すると、普通紙が62円、インクジェット写真用が72円ですので、差額分の10円+手数料の5円で交換することが出来ます(インクジェット紙に交換したい場合は手数料のみですね)

いずれにせよ、一度失敗した年賀状という事を考えると、それ程高い金額ではありませんよね。

まとめ

いかがでしたか?

今回は書き損じた年賀状の使い道についてのお話をしてみました。

今まで捨ててしまっていた方もこれで安心して失敗する事が出来ますね(笑

スポンサーリンク

-手紙・はがき
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

喪中はがきが間に合わないときは代わりに寒中見舞い?文例も紹介

喪中はがきというと、大体11月の中旬から12月の上旬までに届くようにするのが良いと言われています。 スポンサーリンク これは毎年12月15日頃から年賀状の受付が開始される事が多く、相手が年賀状を出す前 …

パソコンでの年賀状の作り方!ワードの使い方や宛名を書く方法

年始の挨拶に年賀状を出す方は多いと思いますが、年賀状の作成はどうしてますか? スポンサーリンク もちろん全て手書きという方もいると思いますが、最近では料金を支払うと代わりに年賀状を作ってくれるサービス …

喪中はがきに一言手書きで入れていい?続柄は?会社の人には送る?

身内に不幸があると深い悲しみに包まれるのは当然の事だど思いますが、それ以上に残された人にはやるべき事がたくさんあります。 スポンサーリンク ようやく落ち着いてきたと思ったら、時期によってはまだバタバタ …

年賀状イラストを無料ダウンロードしよう!作り方や印刷の注意点も!

2019年は亥年ですね。 スポンサーリンク 最近では年賀状を自宅のパソコンで作成する方が増えてきましたが、年賀状で使うイラストやテンプレートをネットで検索する方も多いと思います。 そこで、年賀状のイラ …

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。