四季折々・・・

普段の生活から趣味の事まで様々な事について役に立つ情報を発信していくブログです

自動車・バイク

トレーラーのタイヤを浮かせるリフトアクスル装置のメリットとは?

投稿日:


よく高速道路などを走っていると、大型トレーラーやトラックの後輪タイヤの一部が浮いてるのを見かけた事ってありませんか?

実はコレ、ちゃんとした意味があります。

トレーラーなどのタイヤを浮かせる機能を「リフトアクスル」と呼ぶのですが、今回はこのリフトアクスルについてお話していきたいと思います。

スポンサーリンク

トレーラーのタイヤを浮かせるのはなぜ?

浮いているタイヤなんですが、これは決して予備のタイヤとかではなく、実際は使ったり使わなかったりするタイヤになります。

簡単に説明すると、必要の無い時はタイヤが上にあがっていて、必要な時になるとタイヤが地面に接地するような仕組みになっています。

このようなシステムを実現させているのが「リフトアクスル」という装置なのですが、わざわざこんな事をするにはれっきとした理由があります。(いつから使われるようになったのかはちょっと分かりませんが(^^;)

それは、タイヤの数、もっと正確に言うと、「使っている車軸の数を減らす」為です。

 

車軸というのは、一般的な乗用車で2軸(片側にタイヤが2箇所)、これが大型トレーラーやトラックになると3軸になったり4軸になったりするのですが、この車軸の数を減らすのが目的なんですね。

例えば4軸のトレーラーがリフトアクスルの機能によってタイヤを浮かせると、実際に使っている車軸は3軸になります。

 

じゃあなんでこんな事をするのかと言うと、車軸の数が減る事によっていくつかのメリットが発生するからです。

トレーラーのリフトアクスル装置っていつ使うの?

状況によって車軸をリフトアップさせたりリフトダウンさせたりするリフトアクスルですが、この機能は手動でスイッチを押すような特別な操作方法などがある訳ではなく、基本的には自動で作動します。

これは圧縮エアーで車軸を上げたり下げたりしている為です。

 

では、その状況とはいつかと言うと、「積載量(軸重)が変わった時」です。

荷物が一定の重量を越えると車軸がリフトダウンしていき、また軽くなってくると車軸がリフトアップします。

スポンサーリンク

 

なぜこのような事をする必要があるのかと言うと、車軸の数によって荷物を積める最大積載量が変わってくるからなんですね。

これは法律で定められている事です。

逆に言うと、積荷が軽い時、または空の時は必要の無い車軸は上げておいても何ら違法にはならないという事になります。

トレーラーのリフトアクスル装置のメリットとは?

では、リフトアクスル機能によってタイヤを浮かせておくとどのようなメリットが発生するのかという事ですが、まず、タイヤの数が少ない方が運転がしやすいという点があります。

ただ、それよりも大きなメリットは「コスト削減」という事になります。

具体的にどのようなものかと言うと、

 

・タイヤの溝、ブレーキ関連パーツの消耗を軽減させる

・タイヤの接地面積が減り、摩擦抵抗が下がることによる燃費の向上

・高速道路の料金の節約

 

などがあります。

 

中でも高速料金の節約というのが一番のメリットと言ってもよく、差にすると約40%程料金が安くなります。

これはどういう事かと言うと、例えば大型トレーラーの場合、運転手が乗っている所、ここをトラクタヘッドとかトレーラーヘッドと言うのですが、このトラクタヘッドと牽引しているトレーラーの車軸合計が4軸の時、高速料金の区分は「特大車」になります。

ただ、これが3軸になると「大型車」という扱いになります。

 

軸数の違いによって区分が変わってくるという事です。

高速道路の場合、普通車と軽自動車でも料金は変わってくることがありますが(首都高などを除く)、特大車→大型車になると40%も料金が安くなるんですね。

荷物が少ない時は、わざわざ4軸で特大車の料金を支払う必要もないので、リフトアクスルの装置があると自動で3軸にしてくれるという事になります。

 

ちなみに高速道路の料金所というのは、ETCレーンも含め地中にセンサーが埋め込まれています。

このセンサーが特大車なのか大型車なのかを判別しているので、基本的には不正など出来ないようになっているのですが、仮にリフトアクスル装置を改造などして料金所を通過した場合、当然道路交通法違反や詐欺罪に問われることになります(例えば4軸必要なところを、3軸にして通過した場合など)

トレーラーのタイヤを浮かせるリフトアクスル装置のメリットとは?のまとめ

いかがでしたか?

トレーラーのタイヤが浮いているのにはこんな意味があったんですね。

ただ、こんなにも便利なリフトアクスル装置ですが、デメリットが無い訳じゃありません。

それは車軸が上がらないなどの不具合もあるようで、一度故障してしまうと修理するのが大変な上、高額な料金がかかってしまう可能性もある事です。

最近は他の車もそうですが、機能が便利になった分、一度ダメになってしまうと修理するのに大変というのはよくある事ですね。

スポンサーリンク

-自動車・バイク
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ダイハツタントのブレーキランプ交換方法。初心者でも簡単にできる!

ここでは平成23年式ダイハツタントXのブレーキランプ交換方法を説明していきたいと思います。 スポンサーリンク   ブレーキランプが点かないまま走ってしまうと、整備不良で捕まってしまい1点減点 …

令和になったら運転免許証の更新は必要?数え方や表記はどうなる?

2019年4月1日に新元号が発表され、「平成」の次の元号は「令和」に決まりましたね。 スポンサーリンク 年号が変わる事に伴い、私生活や仕事でも様々な変化があると思います。 その中でも「運転免許証」 年 …

原付トゥデイのヘッドライトバルブ交換を徹底的に分かりやすく解説!

ここでは原付トゥデイ(AF67)のヘッドライトバルブ交換について説明していきます。 基本的にバイクのライトは昼も夜も常に点灯しているものですが、もし無灯火で捕まった場合、原則として減点1、罰金5000 …

タント リモコンキー分解

車のキーを洗濯しちゃった時の修理方法 頼んだ場合はいくらかかる?

普段生活していると、ポケットの中のものを取り出さないまま洋服を洗濯機にかけてしまうことってありますよね? スポンサーリンク まあそれが大したものじゃなかったら別に良いんですけど、例えば電池を使っている …

タントの半ドア警告灯が急に点きだす原因と防止方法

ダイハツタントオーナーの方で、走行中に突然半ドア警告灯が点きだしだり、点滅したりするといった症状に見舞われた経験がある方いませんか? スポンサーリンク 実はコレ、一種の「タントあるある」だったりしまし …

プロフィール


こんにちは、ノシシです。

関東在住、妻と子供2人(息子、娘)と暮らす40代男性です。

若い頃はギターを弾いていて、バンドで食っていきたい⇒挫折⇒会社員という王道(?)ルートを経て現在に至ります。

好きな飲み物はビール。好きな音楽はロック。

不惑の歳に入り、肝臓の数値の上昇と子供の成長という不安と期待の狭間で日々奮闘中です!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。