四季折々・・・

普段の生活から趣味の事まで様々な事について役に立つ情報を発信していくブログです

生活の知恵・雑学

この水は飲めませんと表示されているのはなぜ?うがいとかもダメ?

投稿日:2019年8月30日 更新日:


普段の生活や旅行先などで、「この水は飲めません」と表記されたプレートが貼ってあるのを見かけた事ってありませんか?

僕の職場のトイレの手洗い場にもこのプレートが貼ってあるのですが、ちょっと思うのは「ひょっとして、ここの水って汚いの?」って事です。

見た感じでは、まあ普通の水道水とあまり変わらないような気がするのですが、なぜ「この水は飲めません」の表示されているのか気になったので、調べてみる事にしました。

スポンサーリンク

「この水は飲めません」と表示されている水を飲んだら危険!?

普段は、「そこで水を飲みたい!」と思わない限りあまり気にすることはないかもしれませが、「この水は飲めません」と表示された所は実はちょこちょこあったりします。

冒頭でお話したように、職場のトイレだったり、あとはホテルや銭湯、温泉、他にも新幹線の洗面台なんかにも書いてあったりします。

普通、手や体を洗うような水だったら、もし飲んでも大丈夫なのかな?と思ってしまいますよね?

まあ、このような場所で「絶対に今すぐここの水が飲みたい!」となる事も少ないかもしれませんが、結論から言ってしまうと、「この水は飲めません」と表示されている所の水は飲まない方が良いです。

もし、水を飲んでしまって体調を崩したりしても自己責任になってしまう可能性もあるので止めておきましょう。

一応、飲める水か調べる方法もあって、水質を検査できるキットなどもあるのですが、普段からそんなものを持ち歩いている方もなかなか少ないでしょうしね(^^;

「この水は飲めません」の水はなぜ飲まない方がいい?飲める水と飲めない水の違いは?

一般的に、家庭の台所などの蛇口から出てくる水道水は飲んでも大丈夫な訳ですが、じゃあ飲める水と飲めない水の違いは何か?というと、これにはしっかりと定義付けがなされています。

飲んでも問題ない水というのは、水道法により定められた、現在は51項目になりますが、水道水質基準に適合した水となっています。

「この水は飲めません」と表示されている水は、この基準をクリアしていない、もしくは水質検査を実施していないという事になるんですね。

スポンサーリンク

じゃあ、なぜこの基準を満たしていない水は飲めないかと言うと、理由のひとつは「塩素」です。

水道法は安全な水の基準として、蛇口から水が出た時点で、水1リットルに対し、0.1ミリグラム以上塩素が含まれていなければならない事になっています。

なぜ塩素が含まれてないといけないかというと、塩素の殺菌力によって大腸菌などを殺菌する為です。

例えば新幹線の水の場合、水道水や地下水などが使われていて、その水をタンクに貯めているのですが、塩素は時間の経過と共に蒸発してしまいます。

そうすると、塩素の基準値が下回ってしまう可能性もある、さらには新幹線を運行しているJR各社も定期的に塩素の濃度を測定している訳ではないので、飲料用には適さないという事になるんですね。

ただし、飲めないからといって、汚い水という訳でもなく、手を洗ったりする分には問題ない程度の水が使われているようです。

ちなみになんですが、水に含まれる塩素は濃度が高ければ高いほど良いのかとそうではないみたいです。

一定の濃度を超えると、今度は髪の毛や肌を傷める原因になるみたいなので、塩素が含まれすぎててもダメみたいですね。

あと、沸騰させれば大丈夫なのかという事ですが、確かに水を沸騰させると塩素は除去できますが、他の有害物質が除去出来なかったりするので、これもまた安全とは言えません。

「この水は飲めません」の水でうがいや歯磨きをするのもダメ?

「この水は飲めません」と表示されている水は飲料用ではないという事ですが、うがいや歯磨きをするのも止めておいた方が良さそうです。

まあ、結局この手の水はどういう水をどうやって処理しているのかも分かりません。

仮に処理したとしても、それも場所によって処理方法がバラバラだったりするので、うがいや歯磨きでいくら水を飲まないと言っても口の中に含むのは止めておきましょう。

洗面所や手洗い場にこのプレートが貼ってあったら、あくまで手を洗う程度に留めておいた方が良さそうです。

この水は飲めませんと表示されているのはなぜ?うがいとかもダメ?のまとめ

「この水は飲めません」という水は、水道法によって飲料用には適していないという意味でした。

逆に言うと、普段家で使っているような水道水は、しっかりと管理がされた水という事になるんですね。

まあ水も限りある資源という事で、うまく使い分けていかないといけないという事かもしれませんね。

スポンサーリンク

-生活の知恵・雑学
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

犬の糞尿被害対策!犬が近寄らない方法は?ただしやりすぎには注意!

うちの家の前はすぐ道路になっていて、結構近所の人が犬の散歩で通ったりします。 スポンサーリンク まあ、それ自体は全然構わないのですが、困っているのは犬のオシッコやフンの不始末。 いくつか自分なりに対策 …

宅急便コンパクト 梱包

メルカリでプラレールをバラ売りする時の発送方法や梱包の仕方は?

メルカリでプラレールを売る場合、セットで売ることはもちろん、車両やレールのみといったバラ売りをすることも可能です。 スポンサーリンク ただし、特にバラ売りをする場合、いくつか気を付けなければならない点 …

喪中に厄除けのお祓いはアリ?忌中との違いや神社以外で受けられる場所は?

男性は25歳、42歳、61歳、女性は19歳、33歳、37歳が厄年とされていますが、この年に「厄除け」のお祓いを受ける方も多いと思います。 スポンサーリンク ただ、不幸が重なってしまい、この厄年と喪中の …

エアコンフィルターの掃除の頻度は?しないとダメ?間隔を空けたい時は?

エアコンフィルターの掃除ってちょっと面倒だからついつい先延ばしにしてしまいがちですよね。 スポンサーリンク では、一般的にはどのくらいの頻度で掃除するのが良いのでしょうか? 中には 「出来ればあんまり …

トイレの黒ずみの原因と落とし方 水が出るところはどうする?

あなたはトイレの掃除どうしてますか? スポンサーリンク トイレってちょっと掃除をしないとすぐに汚れてしまったり、黄ばみ黒ずみが発生してしまいますよね。 汚れれば汚れる程、掃除も面倒になると思いますが、 …

プロフィール


こんにちは、ノシシです。

関東在住、妻と子供2人(息子、娘)と暮らす40代男性です。

若い頃はギターを弾いていて、バンドで食っていきたい⇒挫折⇒会社員という王道(?)ルートを経て現在に至ります。

好きな飲み物はビール。好きな音楽はロック。

不惑の歳に入り、肝臓の数値の上昇と子供の成長という不安と期待の狭間で日々奮闘中です!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。