四季折々・・・

普段の生活から趣味の事まで様々な事について役に立つ情報を発信していくブログです

観光・グルメ

りっくんランドに行ってきた!展示物や体験コーナーを満喫!

投稿日:2019年12月9日 更新日:

りっくんランド
2020年東京オリンピックの射撃会場、陸上自衛隊朝霞訓練所がある陸上自衛隊朝霞駐屯地。この敷地内に「陸上自衛隊広報センター(愛称:りっくんランド)」という自衛隊のPR施設があります。

自衛隊の施設で一般開放されている場所というのは非常に珍しいみたいですが、今回はこのPR施設「りっくんランド」に行ってきたのでレビューをしていきたいと思います。

スポンサーリンク

りっくんランドは入館料・駐車場代、共に無料!

何が助かるかってこのりっくんランド、入館料・駐車場、共に無料です。料金はかかりません。

しかももちろん、閉館時間までなら何時間ゆっくりしていても大丈夫です。

施設内に自販機や売店はありますが、展示物や体験コーナーでお金を使う事はありませんので、その気になれば一切お金を使わずに過ごす、なんてことも可能です。

「ロビー受付前に飾ってある戦車のプラモデル」
戦車のプラモデル

1Fは展示物や体験コーナーが多数

りっくんランドの入口を入り女性自衛隊員の「こんにちは」という爽やかな挨拶に軽く対応してメイン会場に入るとまずはコレ。

自衛隊のパンフレットや求人情報・イベントカレンダーなどが置いてあります。

さすがにこのあたりはソツがない感じですね(笑)

1Fは戦車やヘリコプターの展示物や

・オープンシアター

・3Dシアター

・フライトシミュレーター

・射撃シミュレーター

・服装体験コーナー

といった体験コーナーがあります。

まず目に入ってくるのは陸上自衛隊員が実際に使っている背のうや防弾チョッキ。

実際に担いでみる事も出来るのですが、背のうが15kg、防弾チョッキが4kgあるのでかなり重いです。

これを担いで行動する訳ですから、自分には陸上自衛官は務まりません(^^;

続いては「オープンシアター」
オープンシアター
モニターには音楽隊の映像などが流されていて、音楽隊はクリスマスの時期になるとイベントとしてコンサートなども行っているようです。

そういえば自衛隊の音楽隊ってテレビなんかでもPR活動していたけど、今って自衛隊の志願者って少ないんでしょうか?

僕の親父は海上自衛隊だったんだけど、親父の頃は自衛隊というか公務員になりたがる人は殆どいなかったらしい。給料が少ないから。

それが僕の時代の時は給料が安定しているという事で自衛隊も人気があった気がするんだけど、最近はまた人気も下降気味なんですかね??

こちらは「偵察用バイク」
偵察用バイク
実際にまたがる事も出来ます。

偵察用バイクは敵を見つける時に使用するほか、味方との連絡や銃撃戦になった時には盾としても利用されるようです。

排気量が250ccみたいだけど、やっぱり中型免許が必要なんだろうか・・・?

こちらは「自衛隊なりきり写真館」
自衛隊プリクラ
プリクラというよりかは証明写真みたいな感じだと思いますね。

気分はまさに自衛官!「服装体験コーナー」
迷彩服貸出
こちらでは迷彩服の貸出を行っています。

もちろん無料なんですが、試着できるのは1時間で迷彩服で移動できるのは館内のみという条件になります。

子供用のサイズもありますので、親子そろって試着する事も出来ますよ!

対戦車ヘリコプター「AHー1S(コブラ)」
コブラコブラ,操縦席
展示ゾーンの中心部に「ドーン」と配置されています。

乗員は2人で操縦席は前後に乗るようになっているタンデム仕様です。なんでもタンデム仕様になっているのは機体正面幅を狭くして敵に見つかりづらくする為だとか。

操縦席は普段は乗る事は出来ませんが、イベントなどで体験搭乗できる日もあるみたいです。

「フライトシミュレーター」
フライトシミュレーター
コブラの後部座席からの映像をもとに約2分間の飛行と射撃の疑似体験が出来ます。

まあ映像を見てるだけっちゃだけなんですが、かなり揺れたり射撃に合わせて機体が振動するので迫力はありますね。

こちらはシートベルトをする必要がある為か身長制限があり、110cm未満の方の搭乗は出来ません。

少し並ぶ事もありますが、1回が約2分と短いので、割とサクサク流れていく印象ですね。

「射撃シミュレーター」
射撃シミュレーター
こちらは2台あり、対戦もできる射撃シミュレーターです。

戦車を撃ちまくれ!って感じですが、割とゲームセンターのゲームみたいな感じですね。

「90式戦車砲手用照準潜望鏡」
90式戦車砲手用照準潜望鏡
戦車の中から潜望鏡がどうやって見えるのかを体験できるものです。

スポンサーリンク

一応屋外が見えるようになっていますが、思ったよりも視野が狭かったので最初何が映っているのかわかりませんでした(^^;

ちなみに名前の読み方は「きゅうじゅうしき」ではなくて「きゅうまるしき」と読みます。

自衛隊って数字の読み方が独特なんですよね。時間とかも例えば14時00分だったら「ひとよんまるまる」とかって読むんだった気がする・・・確か。

「戦闘糧食」
ミリメシ
いわゆる「ミリメシ」ってやつです。

見た目はただのレトルトに見えますが、1食のカロリーは非常に高く、殆どが1000キロカロリーを超えています。

やっぱり激しく体力を消耗する職業なので、カロリーがこれくらいないとエネルギーを補充出来ないんでしょうね。

あとこのミリメシですが、りっくんランド内にある売店「アーミーショップさくら」でも購入する事が出来ます。

この「アーミーショップさくら」ですが、ミリメシの他にもとても個性的なお土産が置いてあるので、良かったこちらの記事も参考にしてみて下さい。

「3Dシアター」
3Dシアター
こちらは普段自衛隊員がどんな訓練や活動をしているのかを3D映像で見れるものです。

時間によって毎回違う映像が流されており、時間がくると自衛隊員の方がアナウンスしてくれます。

サングラスタイプの3Dメガネをかけて鑑賞するんですが、映像の内容に合わせてシートが振動したりとちょっと凝った演出もあります。

3D専用の映像なので、3Dメガネを外してモニターを見ると、ブレてしまっていて何が何だかさっぱり分からなくなります(笑)

ちなみに1回の上映に対する定員は23名になっています。

他にも1階には展示物が諸々。

屋外イベント広場には戦車がズラリ

1Fの展示場から屋外イベント広場に出る事が出来ます。

こちらには「10式戦車」や「75式自走155mmりゅう弾砲」などの戦車が並んでいたり、「地下指揮所」を覗いてみる事が出来ます。

戦車が並んでいる姿ってのは圧巻ですね!
10式戦車

「地下指揮所」


冬は良いのかもしれないけど、夏場はものすごく暑そう・・・

2Fは展示ゾーンと休憩スペース

1階の奥にある(ちょっと分かりづらい)階段を登ると2階に行く事が出来ます。

2階は主に展示ゾーンと休憩スペースになります。

「陸上自衛隊のあゆみ・遺産」

聖火トーチ


こちらの部屋では自衛隊のこれまでの歴史や活動内容を年表や写真で知る事が出来ます。

今までオリンピックにも貢献しているそうで、1964年の東京オリンピックで使われた聖火トーチや、自衛隊から排出されたメダリストのメダルなども飾られています。

「研修室」


こちらの部屋では自衛隊に関する書籍を読んだり、塗り絵や輪投げをして遊ぶ事も出来ます。

他にも全国司令部等部隊識別帽子も飾られていて、そういや親父も似たような帽子を持っていたなぁとちょっと懐かしくも感じました。

あと、2Fにはレストコーナーがありまして、こちらでは休憩はもちろんですが、飲食が可能なスペースになっています。

りっくんランド内でランチなどを食べようと思っている方はこちらの記事で詳しくお話しているので良かったら参考にしてみて下さい。

りっくんランドに行ってきた!展示物や体験コーナーを満喫!のまとめ

今回は日曜日にりっくんランドに行ったのですが、あまり混雑もしていなくて割とのんびり楽しむ事が出来ました。

イベントの日などは多少混雑するのかもしれませんが、普段は無料で楽しむ事も出来ますしコスパ的には十分満足できる施設だなぁという印象でしたね。

【陸上自衛隊広報センター(りっくんランド)施設情報】

りっくんランド公式ホームページ

住所:〒 178-8501

東京都練馬区大泉学園町 [広報センター所在地は埼玉県朝霞市栄町4-6付近]

TEL:03-3924-4176 (FAX兼用)

入館料:無料

駐車場:無料(乗用車約100台、大型バス4台)

開館時間:午前10時~午後5時

休 館 日:月曜日及び第4火曜日(基準)及び年末年始

詳細は「りっくんランド休館日カレンダー」を参照して下さい。

■りっくんランドへのアクセス方法

・東京外環自動車道「和光インターチェンジ」から車で約1.5km

・東武東上線「朝霞駅」もしくは「和光市駅」より徒歩約20分(個人的にですが、和光市駅からの方が分かりやすくて若干近い気がします)

詳しくは「りっくんランド公式ホームページ(アクセス方法)」より確認して下さい。

スポンサーリンク

-観光・グルメ
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

沖縄限定ファーストフード店「jef」のぬーやるバーガーが美味すぎた!

旅行などで遠出した時って、普段あまり食べられないような食材やご当地グルメを食べるのもひとつの醍醐味ですよね。 スポンサーリンク 今回沖縄に行く機会があったのですが、沖縄ってご当地グルメの宝庫です。 極 …

タピオカを冷蔵庫で保存して固い時にもちもち感を簡単に復活させる方法

最近タピオカドリンクってブームになってますよね。 スポンサーリンク 確か以前にもこんな事があったようなと思って調べてみると、なんと現在は第三次ブームとの事。 それに伴い、タピオカを取り扱うお店も増えま …

羽田空港第一ターミナルと第二ターミナル間の移動徒歩とバスの所要時間は?

羽田空港には第一ターミナルと第二ターミナル、そして国際ターミナルがありますが、乗り継ぎや駐車場等の関係で第一ターミナルと第二ターミナルを移動したい状況も多くあると思います。 スポンサーリンク 羽田空港 …

魔人豚

魔人豚ラーメン 持ち帰り用を買ってきて自宅で作ってみた!

場所は埼玉県は川越市。鶴ヶ島駅から徒歩1分ほどの所にある緑色の外壁と黄色の看板という目立ちすぎる建物。 スポンサーリンク それが「魔人豚(まじんぶう)」というラーメン屋。 こちら、鶴ヶ島近辺では有名な …

風の子ラーメンの豚骨がクセになる!お店の雰囲気や入りやすさは?

R254と並行に走っている旧254(旧川越街道)沿いに朝霞では知る人ぞ知る人気ラーメン店「長州風の子ラーメン」があります。 スポンサーリンク 朝霞駅や和光市駅近辺でとんこつラーメンを食べたい方には是非 …

プロフィール


こんにちは、ノシシです。

関東在住、妻と子供2人(息子、娘)と暮らす40代男性です。

若い頃はギターを弾いていて、バンドで食っていきたい⇒挫折⇒会社員という王道(?)ルートを経て現在に至ります。

好きな飲み物はビール。好きな音楽はロック。

不惑の歳に入り、肝臓の数値の上昇と子供の成長という不安と期待の狭間で日々奮闘中です!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。