四季折々・・・

普段の生活から趣味の事まで様々な事について役に立つ情報を発信していくブログです

生活の知恵・雑学

マスクを洗濯して再利用しても大丈夫?節約する為の方法は?

投稿日:2020年3月9日 更新日:


冬のこの時期になると風邪やインフルエンザ予防、他にもPM2.5対策としてマスクが手放せないという方も多いかと思います。

僕も春先になると花粉症の為マスクがあると助かるのですが、今年は新型ウイルスが猛威を振るっているせいでマスクを入手するのが困難になっていますね。

そこで、今あるマスクをなるべく節約して使いたいと思うのですが、マスクを洗濯して使うことは出来るのか?

ちょっと気になったので洗い方などを調べてみることにしました。

スポンサーリンク

マスクを洗濯して再利用することは可能?

「花王」さんが発表してくれた情報によると、「布マスク」であれば洗濯して再利用することは出来るようです。

ただし、「使い捨てマスク」の場合、洗濯したとしてもウイルスをキャッチする性能が低下する為、基本的には再利用はすすめていません。

【洗濯をする際の注意点】

・炊事用の手袋を使用する

・複数のマスクを一度に洗濯しない

・洗濯液の飛沫に接触しないように密閉できる容器を使用する

・洗剤液にはウイルスが含まれている可能性がある為、1Lあたり15mLの塩素系漂白剤を加え10分放置した後、廃棄する

・マスクを洗濯した後は十分に手を洗う

また、重金属で抗菌を訴求しているマスクにはこの洗い方は適さないようです。

他にも、パッケージに洗い方が記載されているものもありますのでパッケージも一度確認してみて下さい。

使い捨てマスクをどうしても再利用したい場合

上述したように使い捨てマスクで使われるような不織布(ふしょくふ)は洗濯しても性能が元に戻らないようですが、全国マスク工業会によると、どうしても再利用したい場合は、

・中性洗剤で押し洗い(揉み洗いはNG)

・水でよくすすぐ

・自然乾燥させる(乾燥機は使用しない)

というようにすると良いそうです。

ただし、性能は元に戻らないので、あくまで咳エチケットや鼻や口に直接触れる頻度を減らす為の利用と考えておいた方が良いみたいですね。

あとは、また別の方法になりますが、

・ウイルスの付きやすい外面を消毒用アルコールで除菌する

・電子レンジで30秒程回して殺菌する(ワイヤーの入っていないマスクのみ)

・マスクの内側にガーゼを当てる、また、そのガーゼを消毒して再利用する

「インナーマスクの作成方法」

材料:市販のガーゼと化粧用コットン

①ガーゼを縦横10㎝程度に切ったものを2枚用意

②化粧用のコットンを丸めて1枚のガーゼでくるむ(インナーマスク)

③市販の不織布のマスクにもう1枚のガーゼを4つ折りにしてあてる

④鼻の下にガーゼでくるんだコットン(インナーマスク)を置く

⑤③のガーゼをあてたマスクを装着する

⑥息が苦しい場合はコットンの厚さを半分にする

(参考:環境省「花粉症環境保健マニュアル」

などの方法もあるようです。

この方法でどの程度マスクの性能が戻るかは正直分かりませんが、何もしないで何日も同じマスクをするよりかはずっと良いかと思います。

マスクは何回までだったら洗濯して再利用できる?

マスクを洗う場合、頻度としてはやっぱり毎日洗った方が良いのかと思いますが、何回くらいまでだったら洗濯して再利用が可能なのか?

こればっかりは個人の判断に委ねるしかないのかもしれませんが、例えば最近「洗えるマスク」として注目を集めている「ピッタマスク」。

こちらはポリエステルで出来たマスクですが、公式では三回までなら花粉やウイルスを防ぐとされています。

他にも布が破れるまで再利用可能なんてマスクもありますので、何枚かのマスクをローテーションで使い回せばある程度長持ちさせることが出来るかもしれませんね。

マスクを洗濯して再利用しても大丈夫?節約する為の方法は?のまとめ

最近は新型ウイルスの影響で朝早くからドラッグストアやホームセンターに並びができていますね。

僕も新しいマスクが欲しいのはやまやまですが、しばらくはマスクを洗濯して再利用してみようかなと思います。

スポンサーリンク

-生活の知恵・雑学
-

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ドローンを子供に買う前に知っておきたい規制や購入する時の注意点は?

僕が小学生の時はミニ四駆などが流行ったもので、当時はラジコンを持っている子というのはあまり周りにはいませんでした。 スポンサーリンク 値段が高いというのも理由のひとつかもしれませんが、それが今では当時 …

会社の同僚がむかつく!距離感や対処法を私はこうしてます

人間関係というのは生きていく上でどうしても避けられないものだと思いますが、それが自分にとって必ずしも良いものになるとは限りませんよね。 スポンサーリンク これは子どもも大人も同じ。 大人も社会に出て人 …

喪中に厄除けのお祓いはアリ?忌中との違いや神社以外で受けられる場所は?

男性は25歳、42歳、61歳、女性は19歳、33歳、37歳が厄年とされていますが、この年に「厄除け」のお祓いを受ける方も多いと思います。 スポンサーリンク ただ、不幸が重なってしまい、この厄年と喪中の …

ガトーショコラの卵や牛乳なしの作り方 簡単濃厚レシピと注意点の紹介

バレンタインやクリスマスなどで、手作りのチョコレートやケーキを作りたいと思っている方も多いと思いますが、お菓子づくりって何だか難しそうなイメージがありますよね。 スポンサーリンク そこで今回は料理初心 …

トイレのアンモニア臭の原因は?便器と床の隙間の掃除とおすすめの消臭

トイレから漂うアンモニア臭。嫌になっちゃいますよね。 スポンサーリンク こまめに掃除してもなかなか取れないあの酸っぱい臭いの原因は何なのでしょうか? 今回はこの、トイレからするアンモニア臭の原因と対策 …

プロフィール


こんにちは、ノシシです。

関東在住、妻と子供2人(息子、娘)と暮らす40代男性です。

若い頃はギターを弾いていて、バンドで食っていきたい⇒挫折⇒会社員という王道(?)ルートを経て現在に至ります。

好きな飲み物はビール。好きな音楽はロック。

不惑の歳に入り、肝臓の数値の上昇と子供の成長という不安と期待の狭間で日々奮闘中です!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。