四季折々・・・

普段の生活から趣味の事まで様々な事について役に立つ情報を発信していくブログです

健康・美容

夏のあせも対策で赤ちゃんがなった時の治し方!ベビーパウダーはダメ?

投稿日:


子どもや赤ちゃんはとても汗をかきやすいです。

 

特に赤ちゃんは大人の2倍以上汗をかくと言われていますから、夏の暑い時期などは大変です。

 

そうなると心配になるのは「あせも」ですよね!

 

子どものうちは汗をかくことも成長に欠かせない大切なことなのですが、あせもを放っておくと「とびひ」などもっと大変な事態になりかねませんので、ここでは赤ちゃんのあせも対策についてお話していきたいと思います。

スポンサーリンク

夏のあせも対策で赤ちゃんにできることは?

首や背中、ひじやひざの裏側、またお尻などに赤く小さいブツブツが出来ていたらそれはあせもかもしれません。

 

赤ちゃんのあせも対策として、これは同時に予防にもつながるのですが、まずは服装を見直してみましょう。

汗を吸い取ってあげる服装を心がけましょう

特に夏の暑い時期など「なるべく涼しい格好の方がいいんじゃないか」という考えからノースリーブなど肌の露出が多い服装を選びがちですが、なるべく袖のある服装をして汗を吸い取ってあげることが大切です。

 

また、オムツの部分も蒸れやすく同時にあせもになりやすいので、なるべく吸水性の良いおむつを選んであげるようにしましょう。吸水性や通気性がアップした夏用のおむつなどもおすすめです。

 

但し、おむつは赤ちゃんによって合う合わないがあると思いますので、おむつかぶれにならないよう注意してあげて下さいね!

皮膚を清潔に保つようにしましょう

汗をかいたらこまめにシャワーで流してあげるのが理想ですが、それが無理な場合は濡れタオルで優しく拭いてあげましょう。

 

乾いたタオルだと皮膚に刺激を与えてしまうので控えたほうがいいですね。

 

シャワーの場合、毎回石鹸などを使う必要はなく、ぬるめのお湯だけで十分です。

 

皮膚を清潔に保つのと同じくらい大切なことが「保湿」です。

あせもに乾燥は厳禁ですので、お風呂やシャワーの後は水分をしっかり取ってあげたらベビーローションなどで保湿してあげましょう。

 

子どもが保育園などに通っていて親がこまめに対応がとれない場合でも、先生に事情を説明していつもより着替える回数を多くしてもらえないか相談するのもいいと思います。

 

あせも対策に大切なことは「清潔と保湿」です。これは是非覚えておいて下さいね!

赤ちゃんのあせもの治し方は?

軽度なあせもの場合、上述したように汗をこまめに拭いてあげて、肌を清潔にし保湿してあげることで治ることがほとんどです。

 

また、手軽に出来ることとして緑茶を塗る方法もあります。

 

緑茶に含まれているカテキンには除菌効果があり、防腐剤なども使われていないので安心して使用する事ができます。

スポンサーリンク

 

ペットボトルの緑茶でも構いませんが、自分で作る場合は緑茶の葉を沸騰させるのがコツです。高い温度の方がカテキンが抽出されやすくなる為です。

 

十分に冷ました後、緑茶を染みこませたガーゼやタオルで、肌を抑えるように使用してあげてみて下さい。

 

緑茶の他に、桃の葉を煎じて使用する方法もありますが、今は自分で手間をかけなくても「桃の葉ローション」というものが市販されています。

 

桃の葉ローションを使用する場合はお風呂上がりの清潔な肌に塗ってあげましょう。保湿効果も期待できます。

 

頭皮など直接塗ることができないところはスプレー容器に移して軽く吹いてあげると使いやすいです。

 

但し、酷い場合は医者にかかる事をおすすめします。

たかが「あせも」と油断していると、とびひなどもっと酷い症状を引き起こす可能性もあります。

赤いぶつぶつができるあせもは紅色汗疹(こうしょくかんしん)と言われますが、このあせもはかゆみを伴いますので、掻きむしってしまうとそこから細菌が入ってしまいます。

ウチの子もとびひになった事があるのですが、治療するのに親も大変ですが、何より子どもが可哀想なのでくれぐれもたかがあせもと油断しないようにしましょう。

あせもにベビーパウダーは使っちゃダメ??

ベビーパウダーはあせもを治すというよりも「あせもを予防する」というものです。

あせもは汗腺が詰まって起きる炎症なので、ベビーパウダーを塗った肌が汗などで濡れてしまうと粉が固まってしまい余計に汗腺をつまらせる原因にもなりかねません。

 

そうなるとかえってあせもを悪化させてしまう事もあるので注意が必要です。

 

ベビーパウダーは汗をはやく発散してくれて、肌をさらさらに保ってくれる役割がありますので、使用する場合はなるべく肌に水分が残っていない状態で、あせもになっていないところに使うのが好ましいです。おむつが擦れる部分などに使うとおむつかぶれなどの予防にもなります。

 

特にお風呂上がりに使用する場合は、よく体の水分を拭き取ってから使用するようにしましょう。

 

また、パフを使う場合はあまりにパタパタとやってしまうと、粉が舞って肺に吸い込んでしまう可能性もあるので注意して下さいね。

 

ベビーパウダーは肌をさらさらに保ってくれますのでたくさん塗ってしまいがちですが、使用する場合は肌が白くならない程度に薄くのばして塗ってあげるのが効果的です。たくせん塗ってしまうと先程お話したように、ベビーパウダーがダマになりやすい為です。

 

ちなみに私も子どもの頃よくあせもになり、「シッカロール」というベビーパウダーを使っていて毎日足が真っ白になるくらい塗っていたのですが、今思うとあまりいい使い方ではありませんでしたね。。。(^^;

 

という訳で、ベビーパウダーは使っちゃダメというより、使うなら「あせもの予防」として使った方が向いていて尚且つ使い方に注意しましょうねって事になります。

まとめ

冒頭でも書いたように、赤ちゃんは大人の倍以上汗をかきます。

ですが、大切なのは汗をかかせないようにするのではなく、「汗をかいたらその後にしっかりとケアをする」という事です。

夏の暑い時期、大変だとは思いますが水分補給と同時にお肌のスキンケアもしっかりとやってあげて下さいね!

スポンサーリンク

-健康・美容
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

思春期にニキビができるのはなぜ?男にもできる理由と改善方法は?

中学生や高校生くらいの時期になると、肌が荒れてしまったりニキビが出来やすくなってしまいます。 スポンサーリンク 特にニキビは「思春期ニキビ」と呼ばれるものの場合が多く、この時期の肌トラブルはある意味仕 …

秋の肌荒れは乾燥が原因?乾燥肌に効果的な保湿方法やベースメイクは?

秋になると急にお肌が荒れてきてしまう・・・そんな経験をされた事ありませんか? スポンサーリンク それはひょっとしたら「乾燥」が原因かもしれません。 乾燥するとお肌にとっては悪いことばかりです。また、メ …

子供の耳垢がすごい時は無理に取らない方がいい?

子供の耳垢、親としては気になるところですよね? スポンサーリンク ただ、子供の耳掃除をしようと思っても、大体の子は嫌がってやらせてくれないと思います。 うちの子も嫌がりますし、私自身が子供の時も嫌だっ …

正月太りを解消するダイエットは?初心者におすすめの運動と食事制限

正月太りでお困りのあなた! スポンサーリンク 体重計に乗ってビックリしちゃったあなた! 普段あまりダイエットはしないけど、この機会に始めてみようと思っているあなたへおすすめのダイエットを紹介したいと思 …

クーラー病の症状は頭痛?治し方や夏バテとの違いは何?

  近年、エアコンの普及より夏の暑い日などでも涼しく過ごせるようになりました。最近は温暖化などの影響から設定温度を高くして運転するところも増えましたが、それでもエアコンが無かった時代に比べる …

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。