四季折々・・・

普段の生活から趣味の事まで様々な事について役に立つ情報を発信していくブログです

健康・美容

肌荒れに運動は効果アリ?悪化するケースやメイクはしてても大丈夫?

投稿日:2018年6月24日 更新日:

ウォーキングしている絵
適度な運動をする事は体の健康を維持する為には大切な事だと言われていますが、お肌の健康には影響あるのでしょうか?

美容の為に運動をしようと考えている方もいるかもしれませんが、ここではお肌と運動の関連性についてお話していきたと思いますので、良かったら参考にしていってください。

スポンサーリンク

肌荒れに運動は効果アリ?

お肌のケアというと、化粧水や美容液などを使った「肌の外側から行うケア」がありますが、運動は「体の内側から行う肌のケア」といった感じになります。

他にも「食事」や「睡眠」なども肌の状態に影響すると言われています。

では運動は肌にどのような影響を与えるのでしょうか?

~血行促進による代謝の活性化で明るい肌に!~

血液の流れが悪くなると、栄養や酸素が体の隅まで行き渡らなくなり、結果、冷え性や乾燥肌、肌のくすみなどを招くと言われています。

適度な運動によって血流が活性化されると、代謝も活発になり肌のくすみなどの改善や、体内の老廃物を排出しやすくなったりする効果も期待できます。

くすみの取れた肌はいつもより明るい感じの肌に見えますよ。

~新陳代謝が良くなった事によるターンオーバーの正常化~
代謝が良くなると、ターンオーバーと言われる肌の生まれ変わり機能が活性化されます。

ターンオーバーが乱れていると、古い角質や汚れなどが肌に残留してしまい、それがニキビの原因や肌荒れの元になってしまうのですね。

ターンオーバーがしっかりしていれば、それらの汚れなどが剥がれ落ちていきますが、ひとつ注意しなければならないのはターンオーバーには年齢差や個人差があるということです(歳を重ねるにつれターンオーバーの周期は遅くなります)

洗顔などのスキンケアをやりすぎてしまってターンオーバーを早めてしまうと、逆に乾燥肌などの原因になってしまうので、過度なスキンケアには気をつけてくださいね。

~汗をかく事によるデトックス効果?~
実は汗をかくことによるデトックス効果というのはあまり高くないと言われていますが、汗をかく程度の運動をする事により、心肺機能や筋力が向上し、その結果、代謝が良くなりデトックス効果も期待できると言われています。

スポンサーリンク

~運動による成長ホルモンの分泌~
運動をすると、肌の弾力を保つ為に必要なコラーゲン、ヒアルロン酸、エラスチンを生成する肌細胞を活性化してくれる成長ホルモンの分泌を促進してくれます。

成長ホルモンの分泌量は20歳頃を境に減少してくると言われていますので、運動はエイジングケアという面でも有効とされています。

どういった運動が効果的なの?

一般的に肌に良いとされているのはウォーキング、ジョギング、サイクリング、水泳などの有酸素運動と言われるものです。

ランニングや筋トレなどの無酸素運動より体にかかる負担も少なく、新陳代謝も活発にしてくれます。

運動に関してはこちらの記事も合わせて参考にしてみてください。

⇒「ウォーキングの効果的なやり方!初心者でも健康的に続けるコツは?

運動すると肌荒れが悪化するケースも!?

「運動をやり始めたら何だか肌荒れが酷くなったような気がするんだけど・・・」なんて経験をされた方いませんか?

この場合、一概には言えませんが、「好転反応」と呼ばれるものの場合が多いです。

好転反応とは、「これから状態が良くなってきますよ」というサインみたいなもので、運動により代謝が良くなると、一時的に老廃物が体内を巡る事になります。

この時に肌荒れなどの症状になって表面化してしまうのですが、好転反応の場合、しばらくすれば改善されていくので心配はいりません。

~汗をかきっぱなしにしない~
せっかく運動して汗をかいても汗をそのまま放置しておくのは肌に悪影響です。

汗に汚れや菌が付着したり、アンモニアが発生してしまい肌に刺激を与えてしまう原因にもなってしまうので、汗をかいたらこまめに拭き取りましょう。

また、汗を拭き取る時は顔をゴシゴシ拭かずタオルをあてがうようにして汗を吸い取ってあげると肌への刺激も少なくなります。

運動時にメイクをしてても大丈夫?

女性の方だと、外出する際にメイクをする事が多いと思いますが、運動して汗を流す場合はスッピンの方が好ましいです。

運動して開いた毛穴にパウダーやクリームが詰まってしまい肌荒れの原因になる恐れがあるからです。

ただ、屋外で運動する場合、紫外線対策として日焼け止めは塗っておいた方が良さそうです。

まとめ

いかがでしたか?

適度な運動をする事は体にとってもお肌にとっても良いとされていますし、また、睡眠の質も上げてくれます

ただし、体力も個人差がありますので、あまり過度な運動をして体を壊さないよう、自分に合ったペースで体を動かしていきましょうね!

スポンサーリンク

-健康・美容
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

バリウム検査のやり方ゲップの我慢方法や検査中にゲップしちゃった場合は?

会社によっては定期的に健康診断を受けさせられるところもあると思いますが、ある年齢に達すると(私の会社は35歳以上)胃の検査として、バリウム検査が追加されるところもあります。 スポンサーリンク しかしこ …

睡眠の質を高めると目覚めも良くなる?日中の眠気もとれる?

「長時間眠ったはずなのにどうも疲れが取れない・・・」 「夜中に何度も起きてしまって眠った気がしない・・・」 スポンサーリンク そんな方はひょっとしたら睡眠の質が低いのかもしれません。 食事も好きな食べ …

風邪の時眠れないのは薬が原因?同時に睡眠薬はあり?他の対処法は?

普段、不眠の症状に悩まされる事なんてないのに風邪をひいた時だけ眠れなくなる・・・そんな経験をされた事ありませんか? スポンサーリンク 眠れなくなる原因には、頭痛や熱による身体のだるさ、鼻水やせきなど風 …

夏のあせも対策で赤ちゃんがなった時の治し方!ベビーパウダーはダメ?

子どもや赤ちゃんはとても汗をかきやすいです。 スポンサーリンク   特に赤ちゃんは大人の2倍以上汗をかくと言われていますから、夏の暑い時期などは大変です。   そうなると心配になる …

爪に中の汚れを予防する方法や落とし方 汚れの原因は何?

家庭菜園や農作業、時には子供の幼稚園や保育園での芋掘りの行事など、普段の生活の中で土に触れる事もあるかと思います。 作業している時はあまり気にしないかもしれませんが、作業が終わってみるとビックリ!手だ …

    %d人のブロガーが「いいね」をつけました。